「~ので」と「~から」は同じですか。

「~ので」と「~から」は同じですか。

 

よく学習者からこのような質問をされます。

「電車が遅れたので、遅刻しました」と
「電車が遅れたから、遅刻しました」は同じですか?

多くのテキストは「ますform+から」を最初に扱っています。しばらくして、普通形を習ったあと「普通形+ので」を紹介するというのが一般的ですね。すると、「~ので」も「~から」も同じじゃないんですか?どこが違うの??となり、このような質問が出てきます。

「~ので、」と「~から、」はどちらも原因や理由を言うときに使う言葉です。

日本人なら感覚的に「~ので、」のほうが丁寧に感じるとか、書き言葉の時は「~ので、」を使うなどと思うかもしれませんね。

でも、私たちは日本語教師です。なんとなくの感覚だと教えることができませんね。なぜそのように感じるのか一緒に考えてみましょう。

 

「~ので」と「~から」の使い分け

 

この違いを見せるときに、よく使う例文です。

学校や職場などでもよくある場面なので、学習者もイメージがしやすいでしょう。

電車が遅れたので、遅刻しました。

⇨ 早めに家を出たのに、事故(か何かが原因)で電車が止まってしまい遅刻した。

「電車が遅れた」ことと「遅刻したこと」は客観的な因果関係があります。ちなみに、「~ので」は、「~のだ」の中止法からきているので、はっきりと断定できる場合に使われます。

 

電車が遅れたから、遅刻しました。

⇨ 遅刻した責任は自分にあるのではなく電車のせい。

「私、悪くないもん」と自分の意見を主張し、責任転嫁しているかのような印象を受けます。

 

いかがですか。この2つの違い、説明できそうですか。

「具合が悪いから、休ませていただきます。」「具合が悪いので、休ませていただきます。

「~ので、」と「~から、」ではニュアンスがだいぶ異なりますね。

 

まとめてみると

「~から、」 「~ので、」
文体 ⭕️話し言葉

❌書き言葉

⭕️話し言葉

⭕️書き言葉(作文や論文で使用)

主観性 主観的

*話し手の気持ちをのせて、理由を述べる。

客観的

*まわりに配慮し、事実関係を中立的に原因を述べる。

丁寧度 普通体+から・丁寧体+から

話し方により、丁寧さに欠くことがあるので注意が必要。

普通体+ので・丁寧体+ので

「丁寧体+ので」はより丁寧な印象。

 

もうちょっと・・・

強い意思を表したい時は「から」が自然。

・危ない(から⭕️ ので❌)、入るな。

・時間がない(から⭕️ ので❌)、急いで。

・発表中なんだ(から⭕️ ので❌)、静かに聞きなさい。

・週末は道が混むだろう(から⭕️ ので❌)、朝早く出発しよう。

 

さいごに

AもBもどちらも文法上は正しい文です。

A:聞こえないから、もっと大きな声で話してもらえませんか。

B:聞こえないので、もっと大きな声で話してもらえませんか。

どちらが自然な文だと感じましたか。どちらがしっくりきますか。

どこまでどのように教えるかは学生のレベルによって変わってきますが、学習者からAの文を言われて「あれ?」と違和感を感じたときに備えて、自分ならどう違いを説明するか考えておくと良いですね。

 

 

 

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!