日本語文法ブログ

「~ませんか」「~ましょうか」 は同じ意味!?

「~ませんか」と「~ましょうか」は同じ意味!? 人を誘うときの「ませんか」と「ましょうか」って、私たちはどう使い分けているのでしょうか。初級の最初のころに出てくる表現で一見簡単そうなのですが、対人関係に配慮した表現なので、実際使うとなるとちょっと注意が必要です。初級でどう教えたらいいか、いっしょに検証してみましょう。 例1 A:お1人ですか?いっしょに飲みましょうか。    B:いいですよ。 例2...

例トレ#10 本日のお題「楽(らく)」

例トレ#10 本日のお題「楽(らく)」 先月に引き続き、学習者に説明するのが難しい語彙、または学習者がうまく使えない語彙シリーズ、本日のお題は「楽(らく)」です。 まずは辞書から。デジタル大辞林で「楽(らく)」の解説を見てみましょう。 心身に苦痛などがなく、快く安らかなこと。また、そのさま。「気が―になる」「―な姿勢」「どうぞお―に」 生計が豊かなこと。また、そのさま。「不動産収入で―な暮らしをす...

「さえ」と「すら」の使い分け

This content is for 無料会員 members only.Login Join Now

中級文法コラム22 「としたら・とすれば・とすると」

中級文法コラム22「としたら・とすれば・とすると」   A:1000万円持っているとしたら、何買う? B:う~ん。1000万円持っているとしたら、ポルシェ買う。 A:ポルシェ1000万円じゃ買えないよ。 B:え… 1000万円じゃ買えないとすると、ポルシェが買えるのは本当にお金持ちなんだね。 A:まぁ、Bさんが買えるとすれば、整備不良の中古のポルシェじゃないかな。   あ~あ、...

例トレ#9 語彙の導入って、どうしてる? 本日のお題「工夫」

例トレ#9 語彙の導入って、どうしてる? 本日のお題「工夫」 語彙の導入って、どうしてる? 日本語学習も中級あたりまでくると、必ずぶち当たるのが「語彙」という壁。 たとえば”meeting”という言葉ひとつにしても、「会議」「会合」「ミーティング」「打ち合わせ」等々、学習者にとってみれば、なんじゃこれ~という現場を、私も何度も目の当たりにしてきました。どんどん増える語彙、大変ですね〜。 そしてこの...

「ように」と「ために」の使い分け

This content is for 無料会員 members only.Login Join Now

中級文法コラム21 「とともに・にともなって・につれて・にしたがって」

中級文法コラム21 「とともに・にともなって・につれて・にしたがって」   年を取るとともに体力がおちる。 年を取るにともなって体力がおちる 年を取るにつれて体力がおちる。 年を取るにしたがって体力がおちる。 今回はこちらの4つを取り上げようと思って、例文を比較してみました。 お、おおお、全部問題ない…かも。どれも、ある変化にと一緒にもう一方も変化するという意味ですね。少しずつ、だんだん...

例トレ#8 なぜ「存在文」を習う必要があるのかを考えてみた

例トレ#8 なぜ「存在文」を習う必要があるのかを考えてみた 今回のお題は存在文の「ある・いる・ない・いない」です。「〜に~が あります・います」といえば、初級の初級に導入するど定番文型。みなさんはこれをどんな場面で導入してらっしゃいますか。公園?町?部屋の中?? 私たち日本語教師が日本語を教えるための基礎知識として習うのはこちら。 でも、この文型って導入したとき、必ずといっていいほど学生に「で?」...

中級文法コラム20 「つつ」と「一方」の使い分け

中級文法コラム20 「つつ」と「一方」の使い分け 山田さんは会社で働きつつ、資格を取るために学校に通っている。 山田さんは会社で働く一方、資格を取るために学校に通っている。 どちらも二つの行為をしているという意味がありそうですが…。今回は「つつ」と「一方」を取り上げます。   同時進行の「つつ」vs「一方」 つつ <例文> 山田さんは会社で働きつつ、資格を取るために学校に通っている。 電...