助詞の省略について

助詞の省略について

日本語ではカジュアルな会話の場合、助詞が省略されることがよくあります。

助詞が省略できるのは会話文においてのみで、書き言葉では省略できません。

今日、私 母と一緒に弟の誕生日ケーキ 作る約束 あるから、映画 行けないわ。

ただ、会話文でも上の例文のように省略できる助詞と省略できない助詞があります。

どんな助詞が省略できて、どんな助詞が省略できないのか見てみましょう。

省略できる助詞

日本語の基本文型にはSO/V。」という語順があり、助詞がなくても語の位置でその役割がわかるようになっています。なので、「は」「を/が」は省略することができます。

省略できない助詞

「何時、どこ、誰、何人、 どこから、どこまで 」などの助詞は、会話であっても省くことができません。これらは一文の中で入れ替えをしても問題がありません。語順が決まっていないので、位置で役割を規定することができません。

つまり、省略することで明らかに格関係が崩れるものや意味の差異が生じるものは省略できません。

 

もっと詳しく

助詞 例文:( )は省略可能 省略可・不可
は(主語・主題=S) ・お誕生日(は)いつ?

・山田さん(は)いる?

を(対象・目的=O)

が(対象)

が(動作や状態の主体)

・ケーキ(を)食べる?

・新鮮な魚(が)売っているところ(を)知っている?

・ねこ(を)飼いたいと思ってるんだ。

・背(が)高くなったね。

へ(方向)に(方向・着点) ・天気(が)いいから、海(に)行こうよ。

・今から、飲み(に)行かない?

に(受け身・使役文) ・この傷(を)見て、猫にひっかかれたの。

・不注意で子供に怪我(を)させてしまった。

不可
に(時)で(場所)

と(いっしょ)

・7時に銀座で友達とご飯(を)食べるから、6時にうち(を)出ようっと。 不可
の(所有・所属) ・それ、私の時計。

・学校の先生なんだ。

不可
で(手段・期限・原因など) ・これ、1週間でできる?

・ハサミで切ったら?

不可
と・や(並列・添加) ・紙とペン(は)ある? 不可
が(その他) ・サッカーより野球のほうが好き。

・え、私がするの?

・この間、田中さんが行ったってレストラン、昨日テレビに出てたよ。

不可
は(その他) ・姉は背(が)高いんだけど、私は低いの。

・四国はまだ行ったことがないな。

不可

 

英語で記事をご覧になりたい方はこちら

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!