「お願いします」「ください」は同じ?違う?

「お願いします」「ください」は同じ?違う?

「お願いします」「ください」は同じ?違う?

初級の学生に「ビール(を)お願いします」と「ビール(を)ください」は同じですか。何が違うんですかと聞かれたことはありませんか。

⒈ ○「ビール、ください。」 ○「ビール、お願いします」

2. ×「禁煙席、ください。」→ ○「禁煙席、お願いします」

3. ×「お会計、ください。」→ ○「お会計、お願いします」

初級の段階で、例文1のような場合はどちらも使うという答えでいいと思います。

でも、例文2や3の場合、「ください」は使えませんね。なぜ使えないのか、考えてみましょう。

「お願いします」の方が使用範囲が幅広い

「ビール、ください」は”ビール”というものを求めています。「ビール、お願いします」は単に”ビール”というものを求めている場合もありますが、”グラスに入ったビールをテーブルまで運んでもらう”というサービスを求めている場合もあります。なので、この場合は「ください」も「お願いします」も使うことができます。

一方、「禁煙席」「お会計」はものではないので、「ください」を使うことはできません。

このように、「お願いします」はサービスを頼むとき、ものを注文する時の両方のケースで使えますから、「ください」より幅広い範囲で使うことができると言えます。

学習者に、なぜ「禁煙席、ください」「お会計、ください」は言えないんですかと聞かれたら、この違いを説明すると良いでしょう。

動詞「て形」+ください

ちなみに・・・

「ください」は名詞だけでなく、動詞のテ形と一緒に使うことができますが、

「お願いします」は動詞のテ形と一緒に使うことができません。

○「しょうゆを取ってください。」

×「しょうゆを取ってお願いします。」

もうちょっと・・・

「ください」の辞書形は「くださる」です。

ですから、動詞「くださる」には必ず目的語(ほしい対象N)が必要です。

一方、「お願いします」はすでに文として成立しています。

ですから、「お願いします」は下の会話例のように単体で使うこともできます。

客   「すみません、ビールとワインをください」

店員 「ビールとワインですね。ただいま、お持ちします」

客   「はい、お願いします」

 

 

 

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!