日本語教師の働き方~オンラインレッスン~

日本語オンラインレッスンの環境

オンラインレッスンは、パソコンとWifiさえあればどこででもできます。

自宅で、スクールの教室を借りて、また静かな環境が整っていればカフェなどでも可能です。

働く立場としてはまずスクールに所属するのが一番手軽です。スクールが紹介してくれた学習者にレッスンをし、スクールから報酬をもらいます。次に教えたい人と学びたい人を結びつけるというサービスを提供しているサイトやアプリに、教師として登録する方法があります。そして最後に個人でレッスンを提供する方法です。自分の交友範囲で紹介してもらったり、SNSで集客する人もいます。

オンラインレッスンでどんな学習者に教える?

オンラインなら、世界中の人が学習者になりえます。場所も時間も問いません。

年齢も、国籍も、日本語を学習する目的も様々です。

オンラインレッスンとはどんなレッスン?

数年前まではオンラインといえばプライベートレッスンがほとんどでしたが、近年では大人数のビデオ会議ツールが一般化した影響で、小人数グループレッスンや、大人数への講義形式のレッスンまで形はさまざまです。

プライベートレッスンなら、チャットボックスを活用したり、資料を画面共有したり、ウェブホワイトボードに書いたりします。大人数の場合も同様のツールが利用できますが、他に、教師のほうは教室にいて白板を使ってレッスンをし、学生はライブでレッスンを見るという形もあります。

日本語オンラインレッスンの特徴

良いこと!

まず、自宅で実施する場合は通勤時間が要りません。そしてレッスンとレッスンの間の空き時間も有効活用できます。もし学校での対面レッスンだと当然通勤時間が発生するし、連続してレッスンがないと空き時間をつぶさなければならず効率的ではありません。

オンラインレッスンは大体24時間稼働ですから、好きな時間に働けるのも大きな魅力です。副業としてもお勧めできます。

大変なこと

レッスン前やレッスン中にインターネットの通信状況が悪いと焦ることになります。

オンラインツールの様々な機能を使いこなすITスキルも必要です。こういった技術は日進月歩ですから教師も学ぶ姿勢が必要です。スクールに所属していない場合は誰かが教えてくれるというものではありませんから、自ら学ばなければなりません。

プライベートレッスンの場合は媒介語で教えられるだけの外国語力も求められます。

自宅で仕事をするのはオンとオフの切り替えが難しいと感じる人もいるし、すぐに相談できる相手がいないと孤独を感じる場合があります。

教材を自宅にそろえなければならないので、教材費がかかることがあります。

始めてすぐに安定的にレッスンが担当できることは少ないので、主たる収入源とするには熟練が必要だし、スケジュールも広く開けなければなりません。

日本語オンラインレッスンの探し方

上述のように働き方には3つあります。スクールに所属するか、C to Cサイトに登録するか、個人事業として始めるかです。

スクールの場合は、日本語教師向けの求人サイトを見ればたくさんあります。近年は中国のオンラインスクールも目立ちます。気に入った求人を見つけたら履歴書を用意して応募しましょう。

C to Cサイトも検索すればすぐに見つかります。登録は簡単ですが、あとはいかに学習者にアピールうできるかです。まずは他の日本語教師がどんなプロフィールを登録しているかのぞいてみましょう。

個人事業として始めるなら、まずは学習者の集め方、報酬額などをかんがえなければなりませんが、まずは知人の紹介などから始めてみてはいかがでしょうか。

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!