日本語文法基礎 Ⅶ.時刻、時間

日本語文法基礎 Ⅶ.時刻、時間

時刻の言い方

数字の後ろに「時(じ)」をつけて言う。

1(いち)時、2(に)時、3(さん)時、4()時、5(ご)時、6(ろく)、7(しち)時、8(はち)時、9()時、10(じゅういち)時、11(じゅういち)時、12(じゅうに)時

  • 分単位は、数字の後ろに「分(ふん・ぷん)」をつける。

1(いっ)ぷん、2(に)ふん、3(さん)ぷん、4(よん)ぷん、・・・

30(さんじゅっぷん/はん)

例)3:50→3じ50ぷん、8:30→8じ30ぷん、8時はん、

*電車の時刻など、24時間表示であらわすこともある
*午前・午後という表現は会話ではあまり使われず、「夜の」「朝の」などと言われることが多い

*Aboutと言いたい時は、時刻のあとに、「ごろ」「ぐらい」をつける

時間の言い方

上記の時刻の表現に「ー間」(かん)をつけることで長さを表すことができる

例)1時    one o’clock → 1時間 one hour

分の表現は「ー間」をつけなくても時間となる

例)○ 30分勉強する

○ 30分間勉強する

時間と分を両方言いたい時は、3時10分というようにhourにだけをつければよい。

例) 1時

2時50分

 

日本語の基礎文法「疑問詞」へ

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!