「普通体」と「普通形」は同じもの?

「普通体」と「普通形」は同じもの?

「普通体」と「普通形」はまったく異なる概念です。

名前がとても似ているので、ときどき使い分けがわからなくなったりするかもしれませんね。

普通体は「丁寧かどうか」で文体に関わるものです。

普通形は文中で使われる動詞・い形容詞・な形容詞・名詞などの形に関わるもので、「丁寧かどうか」は関係ありません。

それでは、具体的に2つの違いについて見ていきましょう。

 

「丁寧体」と「普通体」

 

日本語教育では、話し言葉と書き言葉の使い分けに注目しています。

話すとき 書くとき
丁寧体 聞き手に敬意を表すとき

(目上の人、初対面の人等)

手紙など
普通体 家族や親しい友人と話すとき 論文、レポート、日記など

 

「丁寧体」と「普通体」のポイントは「文全が丁寧かどうか」ということです。これは、文末の表現だけでなく、文全”体”に関わるものです。

丁寧体から普通体にするとき(またはその反対も)は文末だけではなく、名詞や表現なども含めた全品詞を整えていく必要があります。例を見てみましょう。

<例> 丁寧体 ⇨ 普通体

名詞:こちら、そちら ⇨ こっち、そっち

表現:はい、いいえ  ⇨ うん、ううん

文末表現:飲みに行きませんか。 ⇨  飲みに行かない?

助詞の省略:何を食べますか?   ⇨ 何、食べる?

動詞の縮約:バスが行ってしまいましたね。 ⇨ バス、行っちゃったね。

 

*日本語教育の現場では「です・ます体 / だ・である体  」「敬体 / 常体」という場合もあります。書き言葉の指導をする際に、このような言い方をする場合もあります。学習者がどんなテキストを使っているのか、学校によってもその呼び方は変わります。

*日本語教育ではまずは丁寧体で指導を始めることがほとんどです。普通体はあまりに複雑だからです。初級の中盤あたりで普通体が導入されます。よくあることですが、動詞だけ普通体にして、他は丁寧体を使ってしまったりする学習者がいます。でも、あわてて全てを直す必要はありません。普通体は折に触れて取り上げ、じっくり時間をかけて指導すると良いでしょう。

 

 

「丁寧形」と「普通形」

動詞・い形容詞・な形容詞、名詞の活用の“形”のこと。

動詞の場合は「辞書形」「ない形」「た形」の総称です。「会います」の例に挙げてみます。

丁寧形 肯定 否定
非過去 会います 会いません
過去 会いました 会いませんでした

 

普通形 肯定 否定
非過去 会う(辞書形) 会わない(ない形)
過去 会った(た形) 会わなかった(ない形の過去形/「会わない」のた形)

 

<例>

「普通形」+と思います  例文:明日は雨だと思います。風が強いですから。

「普通形」+かもしれない 例文:走れば終電に間に合うかもしれません。

「普通形」+ので、・・・ 例文:具合が悪いので、早めに帰らせていただきます。

「普通形」+名詞     例文:赤いコートを着ている人が花子さんです。

 

*日本語教育の現場では「ポライト・フォーム / プレイン・フォーム」「ロング・フォーム / ショート・フォーム」などの言い方もあります。学習者がどんなテキストを使っているのか、学校によってもその呼び方は変わります。

 

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!