日本語文法基礎 Ⅳ.存在文

日本語文法基礎 Ⅳ.存在文

 

「います」と「あります」

動詞の中に動作ではなく状態、存在を表すものがあります。
今回は、初級で必ずでてくる存在を表す動詞「います」と「あります」について見ていきます。

 

「います」「あります」の前は「が」

*(人・動物など) います /(もの) あります

Ex.)

「います」:シカ が たくさん います。

「あります」:ATM が あります。

 

<場所> (   )が います / あります

*「あります・います」は<場所>+「で」ではなく「に」を使うので注意しましょう。

Ex.)

「います」:奈良公園に シカが たくさん います。

「あります」:この辺に ATMが ありますか。

 

疑問文の作り方

<yes・no疑問文>

Q:会議室に山田さんがいますか。 A:はい、います。/いいえ、いません。

<疑問詞疑問文>

「田中さんの部屋に何がありますか」「誰がいますか」など

 

「います」「あります」の分け方

「有情のもの(人・動物など生きているもの)animate / living things 」「非情のもの(物・建物など生きていないもの」)inanimate / non-living things 」という分け方が日本語を教えるときの定説です。

ちなみに、日本語では「植物」は非情のものに分類します。

また、同じ魚でも海や川で泳いでいる魚は「いる」で、魚屋で売っている(死んでいる)魚は「ある」と表現します。

ただ、よくよく考えてみると、「あ、まだバスいる〜」「この辺、タクシーいないんだよね」なんて日本人は言いますね。ですから、「動くか、動かないか (moving or not moving」と考えると良いかもしれません。人や動物に限らず、動いているものの存在を表す際は「いる」と覚えておくと良いでしょう。

英語、中国語、ドイツ語、フランス語・・・などにはこのような分け方はありません。まずは「いる vs あるクイズ」などをレッスンの際にしてみると面白いです。盛り上がること、間違いなしです。

Ex.) さくらは?車は?UFOは?犬は?ロボットは?海で泳いでいる魚は?スーパーの店頭に並んでいる魚は?

 

 

存在に関する二つの文型

日本語教育は下記の二つが違う使い方として別々に提示され、練習することがあります。(教科書によっても異なります。)

1)銀行はあそこにあります。

2)あそこに銀行があります。

いかがですか?ニュアンスの違いを感じるでしょうか?

 

1)は伝えたいことが「場所」であり、2)では単に「存在」を叙述しています。

1)「場所」を伝える=所在文(「所在文」は存在の主体(N)が文頭に来ます。Nを取り上げて話題にするため「N」となります。)
Q:銀行は どこに ありますか。
A:(銀行は) あそこに あります。  ( ❌ 銀行があそこにあります)

Q:  あれ?メアリーさんは どこに いますか。
A:  (メアリーさんは) 会議室に いますよ。

2)「存在」を伝える=存在文
Q:  あそこに なにが ありますか。
A:  (あそこに) 銀行が あります。  ( ❌ 銀行はあそこにあります)

 

「あります・います」といっしょに導入したい言葉:位置詞

位置詞・・・上、下、右、左、中、外、間、となり

 

<N の [位置詞]> に 〇〇 があります。

Ex.)

駅の となりに コンビニが ありますよ。

あ、木の下に ネコが います。

 

※位置を表す言葉は万国共通ではありません
英語では「上下」や「前後」は接しているかどうかで日本語より細かく言葉を使い分けています。また、世界の言語のなかには左右を表す言葉がないものがあります。

そのような背景があることを頭の片隅に置きつつ、日本語の位置詞を教えられるといいですね。

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!