0(0)

日本語教え方講座 模擬授業コース

  • Course level: All Levels

Description

日本語教え方講座 模擬授業コース

 

<模擬授業コース、開設しました!>

「もっと模擬授業の練習をしたい!」という声から生まれたコースです。模擬授業は教案作成を含む授業の準備方法が学べて、実践的な経験も積める貴重な場。自信を持ってレッスンするために必要なことは、正しい方法でたくさん練習することです。コース受講後は自信をもって笑顔でレッスンに臨めるでしょう!

 

模擬授業コースの特長

 

1.1コース2文型の教案作成・模擬授業

模擬授業は作成した教案をもとにオンラインライブで行います。各教案課題作成後、現役プロ日本語教師による丁寧な添削指導があります。1コースで取り上げる文型は2つですが、最大5回まで繰り返し受講も可能です。

 

2.模擬授業で日本語教師スキルの基盤を作る

日本語教師にはアウトプットする力が求められます。これまで学んだ日本語に関する知識や頭の中でイメージした授業の流れを学習者にわかりやすく伝えるためにはしっかりした準備と意識的な練習、そして慣れが必要です。

 

3. いつでも質問できる

文法、例文作成、教案作成、実際の教室活動など模擬授業に関する質問がありましたら、受講中、現役プロ講師と何度でもやりとりすることができます。

 

 

 

こんな方におすすめ

  • 日本語教育能力検定試験に合格したけど、実習や実践経験のない方
  • 420時間の日本語教師養成講座を受講したけど、ブランクがある方
  • 日本語教師になったばかりで、自分の教え方に自信がない方
  • 教案作りをどうしていいかわからず時間がかかってしまう方
  • 日本語教師になるために就職活動中で模擬授業を控えている方

 

模擬授業で押さえておきたい5つのポイント

何に気をつけて模擬授業に臨めばいいか、現役日本語教師が模擬授業で押さえておきたい5つのポイントをシェアします!こちらのブログ記事をご覧ください。教える内容が変わったとしてもプロセスは同じです。模擬授業での経験は日本語教師として独り立ちする際に必ず役に立ちます!

 

【付録】 レッスンですぐ使える教材ツール

  • フレームワークチェックリスト・・・導入、練習のクオリティをセルフチェックできます。
  • 教案サンプル・・・・・・・・・・・フレームワークを教案に落としたイメージがわかります。
  • 教案作成フォーマット(wordファイル)
  • すぐに役立つ無料ダウンロード教材
  • オンライン日本語レッスンですぐに使える文型導入〜練習までのスライドテンプレート
    ・・・・・フレームワークにそって導入文や練習を入れ込んでレッスンに使うことができます。
  • ます形・辞書形からの活用変換練習シート
    グループ分けの仕方、ます形/辞書形の作り方、て形の作り方、ない形の作り方など

 

 

Topics for this course

6 Lessons

教案編

教案を書いてみよう
課題とチェックリスト
課題の提出方法

模擬授業編

【付録】ダウンロード教材

¥10,000