日本語初級文法基礎 Ⅸ.その他

日本語初級文法基礎 Ⅸ.その他

「か」を使った表現

何か(something)   何も+否定形(nothing)  何でも(anything)

どこか(somewhere) どこも+否定形(nowhere) どこでも/どこにも(anywhere)

誰か(somebody)      誰も+否定形(nobody)     誰でも(anybody)

<例1>

A:バーゲンセールで何か買いましたか?

B:はい、くつを買いました。/ いいえ、何も買いませんでした。

 

A:のどがかわきましたね。何か飲みませんか?

B:はい、いいですね。

 

A:何を飲みますか?

B:何でもいいです!

<例2>

A:夏休みにどこか行く?

B:うん、沖縄に行くよ。/ ううん、どこ(に)も行かない。

<例3>

A:この部屋に誰か住んでいますか?

B:はい、おばあさんが住んでいますよ。/ いいえ、誰も住んでいません。

 

副詞

動詞や形容詞にかかって、その動きを詳しく説明したり、程度を表したり、話し手の述べ方やとらえ方を表す語

状態副詞 ゆっくり(歩く)/ キラキラ(光る)などオノマトペ
程度副詞 とても(暑い)/ あまり(驚かない)/かなり(難しい)
陳述副詞(呼応の副詞) たぶん・・・だろう / まるで・・・のようだ/ぜんぜん・・・ない

 

<例> 初級で出てくる程度副詞

ちょっと(a little): このジーンズは、ちょっときついです。

あまり+否定形( not  so much):今日は、あまり勉強したくないです。

まあまあ(so‐so):A「旅行はどうだった?」B「まあまあよかったよ。」

すごく(very): あの映画、すごくおもしろかったです。

よく(often):  よくスターバックスにいきます。

ときどき(sometimes): ときどきうちで料理します。

理由を表す表現

初級では主に「から」と「ので」の2種類の表現がある。「から」は主観的判断を根拠とする文脈

に使用し、「ので」は客観的判断を根拠とする文脈に使用する。「から」より「ので」の方が少し丁寧な表現になる。

<例>

忙しかったから、遊びに行くことができなかった。。。

コピー機が壊れてしまったので、コピー機の会社に電話してみましょう。

 

日本語の基礎文法トップへ戻る

Customer Reviews

5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
0
0%

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Thanks for submitting your comment!